読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供に青汁を飲ませたい!甘い青汁

青汁嫌いの子供が飲める、青汁を紹介しています。

食育に青汁を!保育園採用のグリーンミルク

f:id:knowledg:20170421224545j:plain

 

 

健康ブームで注目された青汁

 

一日に一杯飲むだけで、不足しがちな野菜の栄養を摂取できるということで、大人気でしたね。

 

いまでは、雑誌や週刊誌で見ない日はない程です。

 

しかし、いくら体にいいからって、無視できない問題がありますよね?

 

そう、です。

 

飲みやすい青汁、苦くない青汁、と宣伝されていても、飲んでみると、やっぱり苦みがきつい。

 

私や夫が飲んでも子供が飲んでくれない。

 

大人にとっては飲みやすくても、子供にとっては苦くて飲めない。

 

そういう青汁がおおいですよね。

 

食育、共食の一環で子供に青汁を飲ませたい。

 

そんな、お母さんに朗報です!

 

 新商品の青汁で、子供にも飲んでもらえる青汁、をテーマに作られた青汁があるんです!

 

 

食育がテーマ!グリーンミルクって?

 

f:id:knowledg:20170422002602j:plain

グリーンミルクは、食育をテーマに、子供やその家族のために作られた青汁です。

 

一般的には、青汁というと、成人男性の健康や女性の美容をテーマに作られたものが多いです。

そのため、値段重視であったり、味にあまり配慮がされていません

大人のための青汁なので、苦くてもみなさん我慢して飲めるからです。

むしろ、苦い方が体に良さそうだと考える人もいるでしょう。

 

そのため、そういった青汁は子供が飲むのは難しいです

 

 

その点、家族みんなで青汁を飲みたい!という方には、このグリーンミルクをおすすめします。

 

グリーンミルクは子供とその家族のことを考えて、作られた青汁だということです。

 

安心安全グリーンミルク 保育園でも採用

 

なぜ、グリーンミルクは安全安心なのか?

 

それは、このグリーンミルクを製造する際に使われる原料の畑から、収穫、製造、梱包、発送すべて一社が行っているからです。

 

多くの青汁は、基本的には、製造は自社で行っているが、それ以外は他の会社が行っていることが多いです。

運送には運送業者を、梱包には梱包作業をする会社を、といった感じです。

 

それを、全て一つの会社が行うことにより、安心安全を実現しています。

 

 

そういった場合、その会社は信頼できるのか?という、質問があります。

 

 

この会社の宣伝を行っているのは、株式会社ヒューテック・ジャパンという会社です。

 

 

聞いたことないな?と思うかもしれません。

 

主に、レディースゴルフのエンターテイメント事業を行っている会社です。

そして、インターネット上では10年以上の実績を持つ、広告代行業も行っています。

 

そのため、社会的な信頼性は大きいです。

 

 

保育園でも採用されているため、信用は折り紙付きです。

 

 

そのため、グリーンミルクを製造している会社の信用も高いと思います。

気になる方は、公式ホームページから電話で質問ができます。

 

グリーンミルクの成分

 

グリーンミルクにはたくさんの栄養が含まれています。

中には、普通の青汁には含まれていない栄養もあります。

 

そのため、しっかり確認した上で、購入を検討してください。

 

徹底した品質管理

こどもの食を考え、主原料は100%国産、農薬不使用、5大添加物は一切使用されていません。

 

5大添加物とは、化学調味料人工甘味料、合成保存料、合成香料、合成着色料のことです。

どれも、発がん性があったり、体に残ってしまうものもあるので、注意が必要なものです。

 

残留農薬検査は第三者機関でチェック済みのようです。

 

子供に害するものを、徹底して除去したということのようです。

アレルギーなどは起きるかもしれないので、気を付けてください。

 

58種の野菜発酵酵素

f:id:knowledg:20170422002920j:plain

食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを、育ち盛りの子供に必要な量を配合しています。

 

必要な量というと、分かりにくいかもしれませんね。

 

年齢によっても変わりますが、7歳程だと一般的に緑黄色野菜を90g、単色野菜を150gを摂取する必要があると言われています。

 

これって、野菜嫌いな子だとすると、相当な量です。

嫌いな子だと、食べられないんじゃないかな?

 

牛乳三本分のカルシウム

 

子供の成長、骨粗鬆症、皺や乾燥などのカルシウム不足を防ぎます。

グリーンミルクなら、乳製品が苦手な方でもカルシウムを摂取できます。

 

牛乳三本分のカルシウムというと、その牛乳にもよりますが、カルシウム約690㎎です。

一日に必要なカルシウム量は650mgなので、このグリーンミルクを飲むだけで、必要な摂取量がカバーできます。f:id:knowledg:20170422002803j:plain

DHAEPA配合

f:id:knowledg:20170422003034j:plain

血液をサラサラにすることで有名な成分です。

 

不足すると、記憶障害や認知障害を引き起こすことがあると言われています。

 

適切な量を摂取することで、疲労回復や記憶力の向上が期待できます。

 

受験を控えた子供には特にほしい、成分ですね。

グリーンミルクを飲むことで、魚嫌いな子供も、美味しく補給することができます。

 

有機大麦若葉

f:id:knowledg:20170422003214j:plain

グリーンミルクの主成分です。

他の野菜と比べて、食物繊維やカルシウム、鉄分、亜鉛、βカロテン、ビタミンB1などの栄養が豊富です。

 

青汁の主成分としては、苦みや青臭さが少ないと言われている品種です。

食物繊維の宝庫と言われていて、お通じの改善から、体質改善なども期待できます。

 

甘い味

味が甘くて、子供でも飲みやすくなっています。

牛乳嫌い、魚嫌い、野菜嫌いの子でも、ジュース代わりに飲むことがきます

また、クッキーにしたり、料理に使ったりしても、栄養が損なわれることがありません。

 

赤ちゃんでも、甘いので、飲むことができるようです。

子供にとっては、我慢して飲む必要がないので、初めての青汁としては、最適でしょう。

 

ただ、甘いということは、それだけ糖分が含まれているということです。

グリーンミルクを飲ませるときは、他の甘味を抑えてあげる必要があります。

 

もちろん、甘さは自然由来のものですが、そういった注意は必要でしょう。

 

グリーンミルクの価格

定期コースなら16%OFF税別4200円でずっと購入できて、専用シェイカーはついてきます。

いつでも休止、変更ができます。

通常コースなら税別5000円で購入できます。

 

また3箱セットなら15%OFF、6箱セットなら20%OFFでどちらもシェイカーが付いてきます。

 

定期コース、または一万円以上で送料が無料になります。

 

私のおすすめは、定期コースでの購入です。

二回目発送10日前までに連絡すれば、解約することができるので、お試しする場合も、そのまま使用する場合もお得です。

 

というのも、公式サイトでは、解約するにあたって、特に理由は必要ないと明記されていました。

 

気にいらなかったら、すぐに解約できるようです。

 

 

値段としては、青汁にしては高めですね。

例えば、サントリーの極み青汁は税別3600円です。

 

ただ、子供も飲めるということ。

一社が製造、管理していること考えると、良心的な価格でしょう。

 

〉〉グリーンミルクの詳細はこちら

 

グリーンミルクの口コミ

グリーンミルクの口コミを集めました。

購入のご参考にしてください。

 

グリーンミルクに変えてから飲みっぷりにびっくり!

東京都/田中 結菜さん(28歳)

甘くて美味しい青汁なので気に入っています。

ヨーグルトを毎日飲ませていましたが、グリーンミルクに変えての飲みっぷりに感動。

小さな子供に飲ませても安心なところも気に入っています。

 

料理にも使える青汁で我が家の食育にも。

東京都/渡辺 早苗さん(31歳)

青汁って飲むものっていうイメージを持つ人が多いと思います。

私もその一人でしたが、今ではクッキーやヨーグルトに混ぜたり、パンに塗ったりしています。

野菜不足のために、始めましたが、食事にプラスするだけで楽しみも広がります。

 

この他にも、たくさんの口コミがありました。

口コミは他にも、公式サイトで公開されているので、参考にしてください。

 

グリーンミルクを使用してみた!友人がレビュー

グリーンミルクを使用している知人のレビューです。

彼女はクッキーを作るのが好きなので、グリーンミルクを使って、よくクッキーを作っているようです。

f:id:knowledg:20170422002154j:plain

こんな感じです。

 

彼女の友達のお子さんは、今7歳と4歳なのですが、彼女が作るクッキーが大好きだそうですよ!

 

彼女曰く、「子供の栄養を考えると、もっと野菜を食べさせたい。けど、二人とも嫌いだから、グリーンミルクには助かっているよ」

だそうです。

 

彼女のように、お料理が好きなお母さんのは、ぴったりの青汁です。

 

 

〉〉グリーンミルクの詳細はこちら